« 「愛しき人よ―イトシキヒトヨ―」 | トップページ | 星組公演ちょこっと感想 »

2004.05.04

花組東京公演千秋楽

千秋楽というのは、その組のファンにとっては、特別な思い入れのある公演です。私にも、金券ショップでチケットを手に入れてまで観た思い出があります。
今では気楽な1ファンにすぎない私ですが、友人の強運に支えられて、その貴重な公演を観ることができました。今回の公演はこれ1回だけ。なんて贅沢な(^^; しかも、さらに強運なお席でしたので、なんと客席降りのオサちゃん(春野寿美礼)と手のひらタッチまで…!キャーキャーでございました(^^)

「飛翔無限」
春日野八千代さんの舞姿をこの大舞台で生で拝見できる機会が、この先またあるかどうかと思うと感無量で。型を決めて目線を効かせるところは、いまでも格好良い男役の眼差しでした。観ることができて良かったです。
轟さん(轟悠)は、完璧な美しさ。お顔はもちろん、舞姿のすべてが。
松本悠里さんの舞とともに、ひたすら見とれておりました。
歌では、真丘奈央さんのソロをたっぷりと聴けたのが嬉しかったです。本公演ではなかなか機会のないことですし。
「90周年」の重みを、改めて感じながら観ました。私がのめり込んだ頃とはすっかり代替わりした観がありますが、これからも100周年に向けて、そしてその後も、ずっと宝塚は私たちを楽しませ続けてくれることでしょう。

「天使の季節」
千秋楽ということでアドリブ満載、でしたのでそれなりに楽しめました(轟さんの特出もあったし(^^))が、言ってみればドタバタ喜劇。祝典喜歌劇って、こんなんで良いのでしょうか?もっと上質なコメディーだってあると思うのですよ。でも、出演者に肩入れする宝塚ファンとしては、一緒に楽しんでしまうのですが… ともあれ、オサちゃん、本当にお疲れさまでした(^^)

「アプローズ・タカラヅカ!」
宝塚のショーの上演時間は大体1時間足らず。いつも、大階段が出てくると「もう終わり?」って感じで、あっという間に時間がすぎます。それが、今回のショーは「長い」と感じました。こんなことは初めてです。しかも、つまらないから長いと感じたのではなく、その反対。盛りだくさんすぎて逆にメリハリに欠けるというか、ずっと見ごたえある場面が続くので、まだあるの?まだあるの?という感じで…(^^;
好きな場面は多々ありましたが、なかでもヤンさん(ANJU=安寿ミラ)振付の、男役さんが横1列でスーツで踊る場面。途中で上着を脱いで肩にかけたり。男役の格好良さ、をこれでもか、と魅せてくれます。
それにしても、花組は「男役の宝庫」と昔からいわれているそうですが、何でこんなに素敵な男役さんが揃っているのでしょう…目がいくつあっても足りない。こればっかりは、1回の観劇では観切れません。
多彩な魅力の若手男役さんたち、そして、上に立つのがオサちゃんとアサコちゃん(瀬奈じゅん)。いや~本当に、華やかでもあるし実力もあるし、本当に観て楽しく、満足できる組です。

終演後、出待ちはしませんでしたけど(^^;、ガードに並ぶファンの人数のすごさに圧倒されつつ、帰途につきました。
この後の花組、青年館はチケットを手に入れましたが、全国ツアーがまだ当てがありません(;_;)何としても観たい、と改めて思ったことでした。

|

« 「愛しき人よ―イトシキヒトヨ―」 | トップページ | 星組公演ちょこっと感想 »

コメント

私も松本さんと轟さんの踊りは何度みてもいいと思いました。いろんな組に特出して欲しいなと思った口です。それに花組の男役さんは美形ぞろい(^^;)。いつみても楽しいです。今はおささんやゆみこさんが歌えるから、特にショーが充実してると思います。やっぱり歌えるトップさんはいい。
全ツチケット、市川と横浜ならありますが(^^;)。入り用でしたら、ご一報ください。

投稿: おりゅう | 2004.05.05 22:45

>>やっぱり歌えるトップさんはいい。
はげしく同意(^^; ほんとに充実してますね>花組
そのかちゃん(桐生園加)、素敵でした(^^) 特に、ジャージ?で踊るシーン。ダンスがダイナミックで良いですね。並みいる若手男役陣の中では、私もそのかちゃんが一番好みかなぁ。やっぱり「肩」よ(^^;

投稿: 金木犀 | 2004.05.06 09:28

もう星組が始まってるけど…。楽しんでいただけてよかったわ~…と私が喜ぶことでもないけれど^^;
 
あのしょうもないお芝居はこの千秋楽のためだけにあったというか、あのしょうもなさのおかげであれだけお遊びができたと…という皮肉は結果でした。吉本新喜劇はしょうもなくてもあれは新喜劇だから!こちらは宝塚歌劇だと言いたい(;_;)

ちなみに、本日NHKラジオで錦織さんがオペラについてとっても面白いお話をしてくれたけど、聴者の質問でずばり宝塚とオペラの違いについて質問してた。宝塚はオペラの進化系(?)とも言えると…錦織君は答えてらした。娯楽から始まったオペラは芸術になり、宝塚は?いや、ファンとしては別に宝塚に芸術を求めてはいないけどさ。

投稿: 桜桃 | 2004.05.07 14:32

進化系?ってよく分からないね(^^; ほんと、芸術を求めはしないけど。でも、ミュージカルとしてのレベルはやはり高くあってほしいですね。
さっ、明日は星組よ(^^) どんなんだろ~ドキドキ

投稿: 金木犀 | 2004.05.07 21:24

札幌全国ツア-チケットございます。なんてことはありません。きっと完売でしょう。来週末のお屋根でしたら、あります。いらっしゃいませんか? 札幌は今桜の季節です。今月はタ-タン、来月はすみれちゃんと華やいでいます。でも私はあさこちゃんに来て欲しかったかな。遅くなりました。お久しぶりです。初めてお邪魔させていただきます。  

投稿: YUMIKO | 2004.05.09 00:52

YUMIKOさん、いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。これからもドンドン付けて下さいませね(^^)
屋根は、わけあってWSS貧乏になりそうですので、札幌も郡山もふっとんでしまいました(--;
ところで、ええ?あさこちゃん全国ツアー出ないのですか。と今ごろ知る私(--) もう「歌劇」も「グラフ」もとってないし、すっかり疎くなってしまって。そうか~。でもぜひ、そのかちゃんの活躍をご覧になって下さい。ポイントは「肩」ですよ(^^)
花全ツも気になりますが、星の真飛さんにはやはり負けそうな今日この頃。やっぱり宝塚ファンは楽しいですね。

投稿: 金木犀 | 2004.05.09 13:44

 はじめまして、おささんファン歴2年の39歳主婦です。
琥珀色・エリザベート・野風の笛・天使の季節・全国ツアーと観劇はパーフェクト近いです。(出待ち)しちゃいました。おささんのファンに対するやさしさを感じつつも、田舎からはるばるとやって来た私は、近くに行く勇気もなく遠くからひたすら拝見させて頂きました。全国ツアーでは、幸運にも最前列の中央のチケットが応募ハガキで当選して、この上ない喜びで一杯でした。こんなに宝塚そして、おささん『花組さん』にはまるなんて…思いながらも、生活の一部・癒しとなっております。ありがと!!って気持ちです。

投稿: ゆみこ | 2004.05.21 11:13

ゆみこさま
初めまして。コメントありがとうございます。
おさちゃんファン歴2年ですか(^^)
私もかつて、ある人を追っかけてどっぷり状態でしたので、ゆみこさんのお気持ち良く分かります。
ファン生活を心ゆくまで堪能して下さいね!きっと、かけがえのない思い出になりますから。
おさちゃん、良いですよねぇ。私も全国ツアーを観れることになったので、とても楽しみです(^^)

投稿: 金木犀 | 2004.05.21 22:02

わかりました、そのかちゃんの「肩」ですね(^^) タ-タンの肩も絶品だったね~ しみじみ。。。

20才のお嬢様の公演から1週間がたってしまいました。すっか女優さんでした。市村さんが楽しい事!馬が足を痛めた時は「今日は私が道産子」でした。客席沸いていました。タータンのご挨拶は「こんな素晴らしい公演で、素晴らしい仲間達と一緒に札幌に来る事ができて本当に幸せです。」市村さんが「まだ男から女になったばかりで少しはんかくさい(北海道弁で変かな)事もありますが、これからどんどん素敵な女優になっていきますのでよろしくお願いします。」なんて本当のお父様みたいでした。コメントで札幌報告ごめんなさい。

投稿: YUMIKO | 2004.05.23 22:25

YUMIKOさま
屋根~の札幌の様子、ありがとうございます(^^)
最終にきて寒い日が続いているので、皆さん風邪など引かず、無事に郡山の大楽を迎えてほしいですね。進化した舞台を見届けられないのは少し残念ですが…
市村さんの臨機応変さはすごいですね。タータンも、そんなお父さんに可愛がってもらって成長できて、また一回り大きくなって次の舞台、魅せてくれるでしょう。

投稿: 金木犀 | 2004.05.24 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛しき人よ―イトシキヒトヨ―」 | トップページ | 星組公演ちょこっと感想 »