« 夫のいない日曜日 | トップページ | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »

2004.04.09

はなまつり

4月8日はお釈迦さまの誕生日。浄土宗の増上寺では色々催しがあるということで、昨日昼休みにのぞきに行ってきました。そういえば息子はお寺の幼稚園に通っていたので、毎年はなまつりの行事があったのですが、親には非公開だったので、どんなだろう、甘茶ってどんな味だろう、といつも思っていたのでした。
境内には文字通り、いっぱいの花に飾られた小さな可愛いお堂にお釈迦さまの像が祭られ、おまいりする人たちは、甘茶をお釈迦さまにかけてお祈りします。私も列に並んでみたのですが、信心深い方が多かったのか一人一人の所要時間が長く、途中で諦めました。で、甘茶の無料サービスの方は2杯も頂き(^^;、おいしかったです。配られた説明文には、アマチャヅルとカンゾウが主な材料と書いてありました。ほんのり甘い中国茶、て感じでしょうか。
増上寺には徳川家の霊廟があり、毎年この季節数日だけ公開されるというので、そちらものぞいてきました。戦災で焼失しているので、現在はこぢんまりとした敷地に石塔が立ち並んでいます。
それにしても、境内中央にたたずんで周囲を見わたしてみますと。青い空。若葉が目立ってきた桜をはじめとしたたくさんの緑。お寺の本堂。その向こうには東京タワー。隣には東京プリンスホテル。少し離れて高層ビル。…と、何ともシュールな風景で。例年でしたら、はなまつりはちょうど桜の見ごろでもあるのでしょうが、今年はもう桜吹雪。桜の花びらが舞う中を会社に戻りましたが、しばしリフレッシュのひとときでした。
派遣で仕事をしていると、会社が代わる度に違う街に出会う楽しみがあります。今まで、四ツ谷~市ヶ谷、神保町界隈、本郷、荻窪…と色々な街で仕事をしてきましたが、今が一番、都心にしては緑が多いかも知れません。来年の桜の季節にこの街にいられる保証はないので、つい欲張りに花を満喫してしまいました。派遣は不安定な身分ですが、仕事も人も街も「縁」だと思って、一期一会の出会いを大切に、そして楽しみたいと思う今日この頃です。

|

« 夫のいない日曜日 | トップページ | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫のいない日曜日 | トップページ | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »