« ジャザサイズ | トップページ | カウンターのこと »

2004.03.23

あれから1年

今日はこれを書こう!と思ってログインしたら、何と間の良いことに、トラックバック野郎のお題が忘れられない出会いと別れではないですか(^^) なのでこのさい、トラックバック初挑戦です。うまくいくかな?
去年の今日は、東京宝塚劇場星組公演千秋楽。当時星組トップスターだった香寿たつきさん(愛称タータン)は、この日を最後に宝塚を卒業しました。
彼女との出会いは、およそ6年前にさかのぼります。4月に帝国劇場で観た雪組公演。私にとっては約20年ぶりの宝塚観劇。そこで、雪組二番手スターとなったばかりの男役、香寿たつきに出会いました。それからの5年間、彼女は私の中でとても大きな存在―生きがいと言ってもよいほどの?―でした。
歌・ダンス・芝居の3拍子揃った実力派といわれた彼女の男役は、ちょっと渋めの大人の雰囲気。しかしオフのタータンは、同じ人とは信じられないほど、魅力的な女性でもありました。そんなギャップも楽しみつつ、また、二番手からトップスターに登りつめるまで、あれほど紆余曲折を経た人もいない、というドラマチックな彼女の宝塚人生を、まるで身内のごとく一緒に味わいつくした…そんな5年間でした。今も宝塚は好きで良く観ますけれど、もうあんな経験は二度とできないでしょうね。
そして、1年前の今日、「男役香寿たつき」最後の日。千秋楽の舞台で、今まででも最高の姿を観せてもらえたと思います。朝から晩まで…浸りきった一日でした(^^; その日を最後に、男役としての彼女は存在しなくなってしまいました。タータン自身はもちろん、今も女優として、順調に活躍されていますし、彼女の舞台は、男役だろうが女優だろうが好きなことには変わりありません。でも、もう「ときめき」の対象ではない。宝塚のスターさんというのは、舞台の上だけじゃなく、存在すべてひっくるめて「夢売り人」なのですね。タータンの卒業を経験して、そのことにやっと気づきました。ちょっと寂しいけど、仕方ないことです。
1年経った今日、実は、仕事から帰宅してファンサイトをのぞくまで、「あれから1年」だということをすっかり忘れていました。何てこと(^^; つくづく、自分が後ろを振り向かないタイプの人間なのだと思い知らされました… でも、それで良いのですよね。本当に「忘れられない」5年間でしたけど。1年経って、私の中でやっと、過去の「良い思い出」になったということでしょうか。そんな思い出をプレゼントしてくれたタータンに、改めて感謝、です。

|

« ジャザサイズ | トップページ | カウンターのこと »

コメント

そうか、もう1年なんですねぇ。リカちゃんの退団ニュースをぼやーっと眺めていたのですが、タータンはもう1年たったのですね。早いですねぇ。いろいろお世話になりました(^^;)。私がはまったのは「凍てついた明日」。良かったですよねぇ。他の出演者も大好きでした。雪組といえば、天希かおりさんが辞めるのがいまちょっとショックです。ダイナミックなダンスが好きでした。もっと長くやってくれると思っていたんだけどね…。

投稿: おりゅう | 2004.03.25 19:38

こちらこそ(^^) ファン生活はまだまだ続いていますけどね、何となく落ち着いちゃいましたね。
ちー坊(天希)、私もとても残念です。雪組を観る楽しみだったのに。どの組も代替わりですねぇ徐々に…

投稿: 金木犀 | 2004.03.25 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年:

« ジャザサイズ | トップページ | カウンターのこと »