« 昼休みの過ごしかた | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

2004.02.03

「慟哭」

貫井徳郎さんのデビュー作で、大変なベストセラーになったとか?
夫が、すごーく面白かったから読め!と貸してくれたのですが、う~ん。
確かに、う~んと思いつつ読んでいたのが、最後の最後でふっ飛ぶほど、その仕掛け自体には、してやられたって感じでしたが…
でもやっぱり落ち着いて考えてみると、かなりあり得ない設定だと思うし、宗教をそこまでおとしめて見なくても、とも思いましたし。
「新興宗教」と区切ってはいるし、実際大変な教団も実在したとはいえ、あまり良い読後感とは言えませんでした。
主人公にも(それにしても、まさか一人だったとはね!それはすごいわ)
全くと言ってよいほど感情移入できず…
きっと、夫はとても感情移入できたのだと思います。
娘を殺されたら!なんて考えただけでも人ごととは思えなかったのでは…
小説の中でも言われていますけど、女の人だったらこういう考え方はしないと思うんだな。
あとは文体でしょうか。こればっかりは、合う合わないの世界です。

合う…というか、私が一番好きな作家は夏樹静子さんなのですが、彼女の文体なんかはもうとても好き。ぴったり来るといいますか。
あとは宮部みゆきさん。江戸物が好きかな特に。いなり寿司やさんが出てきたシリーズ、続編を待ってます。
そして、一番好き、の座を揺るがさんとしているのが浅田次郎さんですね。
でも、いわゆる泣かせもの、の「鉄道員」や「月の雫」などより、任侠ものが好きです(笑)
中でも「天切り松闇がたり」シリーズが最高。
場面が切り取った「絵」のように鮮やかに迫ってくる格好良さがたまりません。
何だか舞台を観ているような錯覚すら覚えます。

次は、書店でぱっと目に付いて買った「四日間の奇蹟」を読みます。
第1回「このミステリーがすごい!」大賞金賞受賞作だとか。
また新しいお気に入り作家との出会いになれば嬉しいのですが。

|

« 昼休みの過ごしかた | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »