« タイトル由来 | トップページ | 「慟哭」 »

2004.02.02

昼休みの過ごしかた

いま、派遣社員として某出版社で働いていますが、お昼はたいてい自席で食べます。
一緒に食べるような仲間もいまはいないので、ちょっと持て余すお昼休みの時間。
3週間ほど前から、思い立って、週の初めにAERAを買うことにしました。
で、お弁当を食べながら、かたわらに開いておいて読む。
この薄さがちょうどいいんですよ~。
新聞だと大きいし、めくる音も結構気になる。(昼休みも異様に静かな会社なんです)
文庫本だとひとりで開いててくれないし、字も遠目に読むには小さめ。
AERAだと、実に具合が良いのです(笑)内容も結構バラエティーに富んでいるし。
政治経済のお話も、私にもぎりぎり理解可能なレベルで書かれているし、音楽やスポーツや、普段あまり興味のない世界ものぞける。
というか、お弁当食べながらじっくり読むから読めるんでしょうね。
これが、家や新幹線の中でパラパラ…だと、きっと興味のある頁しか見ないと思うし。
今回第2弾の「負け犬論争」これは、家だろうが電車だろうがきっと読んだと思う。
じっつに面白かった。この感想はまた書いてみたいと思います。
ちなみに、AERAを読む女性は、負け犬組に所属しているらしい?(笑)
あの分類では勝ち犬組らしい私ですが、やっぱり素養はあるのか?
これからもこの習慣を続けて、視野を広めたいなんて思っているので。
でも、週5の昼休みでは読みきれず、持って帰ってきてあとは週末家で…と思うのですが、家だととたんに時間がなくて、そのうちAERAがたまりそう(^^;

|

« タイトル由来 | トップページ | 「慟哭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトル由来 | トップページ | 「慟哭」 »